利用

交通手段として、電車やバス、自家用車などが考えられます。
しかし、交通が不便なところに移動したい時や急いでいる場合、また自家用車を持っていない場合などに有効利用できるのがタクシーです。
乗車方法としては、道に走っている流しのタクシーを捕まえて乗ることも可能です。
流しの場合は、手をが得ることで車が止まってくれますが、大きな国道などでは停車できないこともあるため注意が必要です。
その他にも、大きな駅や病院などにあるタクシー乗り場から乗ることもできます。
また、電話をタクシー会社にすることによって、オペレーターに住所を伝えて手配をすることも可能です。
その場合は、どれくらいの時間で迎えが到着するかを教えてくれます。
また、目的地を伝えることに関して、以前の運転手だと道に詳しく、地理を頭の中にインプットして働いている人が多く居ました。
そこで、詳しく地理がわからない運転手には目的地へ行くまでの目印などを伝える必要がありました。
しかし、最近では、カーナビが充実していることから住所や電話番号を伝えることでカーナビが道を教えてくれるため、目的地を伝えることが容易になっています。
さらに、支払い方法についても、便利になってきています。
現金のほか、クレジットカードの利用が可能な車も多くは知っています。
たいていは、乗車時にクレジットカードの利用を伝えておく必要があります。
そして降車時にクレジットカードで清算をすることになります。
また、企業によってはタクシー会社と契約を結ぶことでタクシーチケットを利用することも可能です。
この場合、降車時に金額とサインをしてタクシーチケットを運転主に渡すことで、後日会社にタクシー乗車料金の請求が行きます。
乗車料金については、初乗りが500円の会社もあれば650円の会社もあり、この設定は会社によって様々です。
そして、22時を超えると深夜料金として料金が割り増しになるタクシー会社もあります。
反対に、5000円を超えるとそれ以降の割増料金が半額になる会社もあります。