陣痛の際の注意点

出産の際に病院へは自力で行かなければなりません。
その際公共交通を利用すると何があるかわからないため、タクシーを利用する人は多いと思います。
ただ、陣痛の際に利用する場合、いろいろなと注意しなければならないことがあります。
まず、昼夜問わずいつ陣痛が起こるかわからない陣痛出産に備えて、深夜から早朝にかけて運行しているかどうかを問い合わせる必要があります。
田舎の方では運行していないことも多く、場合によってはとなりの市や県から要請することになりますし、遠距離になった場合は迎え不可なこともあります。
このような場合は、産婦人科と相談して計画分娩にしたほうが良いかもしれません。
次に、陣痛の際に運んでくれるかを聞かなければなりません。
特に、破水している場合は乗車拒否というところもあります。
破水の度合いによっては乗車OKというところもあるので、その際にどのような装備で乗ったらいいのかアドバイスを仰いで準備しておいた方が良いです。
私が実際にタクシー会社から言われたのは、量が少ない場合はナプキンをして、大きめのゴミ袋とバスタオル2枚程持ってきてほしいと言われました。
耳にしたことがあるのは、ペット用のトイレなどはナプキンよりも広範囲の吸水を期待できるので、ナプキンで受け止められなかった洋水の対応には便利らしいです。
最後に、最近では増えているようですが、妊婦登録ができるかどうかです。
妊婦登録というのは、出産するのに病院に運んでもらう事前予約のようなものです。
自宅の住所と、出産する予定の病院の登録を行ってくれるので、タクシーを呼べば、名前一つで迎えに来てくれ、病院まで運んでくれるというありがたいシステムです。
いよいよしんどい時に便利ですよね。
タクシーは、都会の方では非常に便利でサービスも充実していますが、田舎の方ではまだまだ発展途上と言えます。
特に都会に住んでいて、田舎に里帰り出産する時など、里帰りする前にきちんとこれらの情報は確認しておきましょう。