望みたいサービス

私は普段、自動車で通勤しているのですが、飲み会があるときには公共交通機関を利用しています。
ただ飲み会が終了する時間にはたいてい公共交通機関の運行が終了しているため、もっぱら帰りの交通機関として利用するのはタクシーになります。
そんなタクシーに望みたいサービスがあります。
私の住んでいるところは結構田舎であるため、タクシーの絶対数が都会に比べるとずっと少ないというのが実情です。
そのため、曜日や時間帯によってはなかなかタクシーをつかまえることができないということもあります。
以前は終電で最寄り駅まで電車で帰ってきて、タクシーで帰宅しようとしました。
ただ時期が忘年会シーズンということもあり、全てのタクシーが出払ってしまっており、タクシー乗り場には1台のタクシーもありませんでした。
数十分待ったのですが、タクシーが戻ってくる気配はなく、タクシー会社に電話したのですが、繁忙を理由に配車を断られたことがありました。
そのときは深夜1時過ぎに10kmくらいの道のりをおよそ2時間かけて徒歩で帰宅するという羽目になってしまいました。
そのときは本当につらくて淋しい思いをしました。
それ以来、その思い出がトラウマとなりできる限り終電より前に飲み会を切り上げるようにしました。
そんな時、スマートフォンでタクシーの予約ができるという新聞の記事を見かけました。
スマートフォンを利用しなくても、たとえば事前に帰宅時間を告げてタクシーを予約できるようなシステムがあれば、安心して飲み会を楽しむことができます。
現在私の住んでいる地域で運行しているタクシー会社には残念ながらそのようなサービスはないそうです。
しかしこのようなサービスを待ち望んでいる方はきっと私以外にも大勢いると思います。
これからタクシーに乗るたびに、そのようなサービスの導入を運転手さんに粘り強く要望していこうと思っています。
タクシー会社にとっても予約サービスを導入することで、タクシーの配車が効率よくできるようになるため、メリットがあると思います。